妊娠中の歯科治療は当院にお任せください!

妊娠中はホルモンバランスの影響で、虫歯や歯周病などのお口のトラブルが起こりがち。にもかかわらず、つわりや体調の変化で出かけるのもおっくうに感じられる方も少なくありません。しかし、妊娠中の口腔内環境を健全に保つことは、お腹の赤ちゃんのためにも大切なこと。良いタイミングで歯科医院を受診するようにしましょう。

当院では、妊娠中の方の治療には細心の注意を払っております。受診時には、必ず妊娠中であることをお伝えください。検査や麻酔、処方薬などに配慮いたします。

妊婦さんの検診タイミング

妊娠初期(1~4ヶ月) △

この時期は切迫流産を起こしやすいため、治療や処置はできるだけ控えましょう。緊急を要するお口の異変(痛みなど)がある場合は対応いたします。

妊娠中期(5~8ヶ月) ◯

安定期と呼ばれるこの時期なら、問題なく治療や処置が行えます。特別な配慮が必要な場合もありますので、気になることがあればお気軽にお申し出ください。

妊娠後期(9ヶ月以降) △

陣痛が起きる可能性が高まります。治療や処置はできるだけこの時期までに済ませるか、産後の治療をお考えください。

妊娠中は虫歯、歯周病に要注意!

妊娠中はそれまでの口腔内環境とは違った状態になります。特に、妊婦さんの歯周病には要注意です。

虫歯 歯周病
つわりでお口のケアが十分にできなかったり、食事の回数が増えたりすることで、虫歯になりやすくなります。初期虫歯であれば、歯を削ることなくブラッシングやフッ素塗布で治癒する場合もありますので、お口に異変を感じたら早めの受診を心がけましょう。 妊娠中は免疫力の低下から、歯周病になりやすくなります。歯周病の原因菌である歯周病菌は陣痛にも似た筋肉の収縮を引き起こすことがあるため、早産や低体重児出産のおそれが出てきます。普段からお口のケアをできるだけしっかり行い、歯周病が棲みつくプラーク(歯垢)や歯石を除去しておきましょう。

ご自宅でできるケア方法

フッ素やキシリトール

フッ素は細菌の増殖を抑え、歯の再石灰化を促します。また、キシリトールはフッ素のはたらきを助けます。これらの成分を含む歯磨き粉やガムも、積極的に取り入れると良いでしょう。

お茶や水

ブラッシングが困難な場合は、食後に水やお茶を飲んだりお口をすすいだりしてお口の中の清潔を保ちましょう。だ液の分泌が促進され、細菌の増殖が抑えられます。また、緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用もあり、効果が期待できます。

規則正しい生活

免疫力が低下しがちな妊娠中は、規則正しい生活でリラックスを心がけ、ストレスを溜めないよう気をつけましょう。散歩や日光浴など、心地良く感じられる程度に生活に取り入れるのもおすすめです。

院長から妊娠中の方へ

お子さんが産まれたらこちらもチェック

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP