ご家族の方に気をつけていただきたいこと

ちいさなお子さんに自分の歯を守るという意識はありません。お子さんの歯はやわらかく、虫歯になりやすいので、ご家族の方が次のようなことに気をつけてあげましょう。

食後には丁寧な歯みがきを!   おやつは時間を決めて楽しく!
虫歯予防のためにも、食後の丁寧な歯みがきは大切です。まずは、歯みがきの習慣を身につけることが大切です。自分でしっかりみがけるようになるまでは、ご家族の方が仕上げみがきをしてあげましょう。歯みがきが難しいときは、口をゆすぐだけでもかまいませんよ。 時間を決めずにだらだらと食べ続けていると、お口の中に糖分がずっとあることに。おやつをほしがったり、泣いているのをなだめたりするために、いつでもおやつをあげるのは要注意です。時間を決めて楽しいおやつタイムにしましょう。
 虫歯の仕組みはこちら
甘いものには気をつけて! 乳歯が生えはじめたら歯医者さんへ
チョコレート、ガム、キャンディなど甘いものはお子さんは大好きですよね。でも、甘いお菓子には糖分が多く含まれています。虫歯のリスクも考えながら、おやつに取り入れましょう。また、虫歯の抑制効果が期待できるキシリトールやノンシュガーのものを取り入れるのもおすすめです。 乳歯はやわらかく、虫歯になるリスクが高い歯です。乳歯が生えはじめたら、定期検診に行きましょう。予防処置や歯のケアのアドバイスを行います。歯医者さんに慣れるためにも、お気軽にお越しください。

当院ではだ液テストを無料で行っております。虫歯予防にも繋がりますのでお気軽にご相談ください。

食育をご存知ですか?

虫歯を予防することはもちろん大切ですが、正しい食生活、食の知識を身につけることも同じくらい大切です。お口の健康を維持するために、食育についても考えてみましょう。

よく噛むことが大事

よく噛んで食べることが、顎の発達やその後の歯並び、周辺筋肉の発達に良い影響を与えます。一口ひとくち、きちんと噛む食事ができれば、食べ物の味もしっかり伝わり味覚も発達します。また、咀嚼がしっかりできれば、消化器への負担も少なくなり、栄養の吸収もよくなるでしょう。

何を食べるかが大事

お子さんが自分で食事するようになったとき、きちんとバランスの良い食事がとれるかどうかは、それまでの食生活にかかっています。日々の食生活で、食べ物に関する知識を身につけさせてあげましょう。健全な発育を促すだけでなく、将来の生活習慣病の予防にもつながります。

小児歯科処置方法

歯みがき指導

お子さんの歯の発達具合、お口の状況に合わせて、効果的に汚れを落とせる歯みがきの仕方を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツもアドバイスします。

シーラント

お子さんの奥歯にある細かくて深い溝に、あらかじめ歯科用プラスチックを埋める処置です。食べかすが詰まるのを防ぎ、歯みがきしやすくすることで虫歯を予防します。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に塗る処置です。乳歯や生えはじめの永久歯に効果的で、数ヶ月に一度、定期的な塗布ができると、より高い効果が期待できます。

小児矯正

矯正治療の最適な時期は、歯の移動が比較的楽にできる成長期がもっとも良いと考えられています。お子さんの成長する力を利用しながら、適切に歯を正しい位置へ導きます。

ムーシールド

ムーシールドは下の歯が上の歯よりも前に出ている、いわゆる「受け口」を改善するための施術です。乳歯の段階で矯正装置をはめて、正常に顎の骨格が形成されるように補助します。就寝時のみ装着すればいいので、それほど抵抗なくはじめられます。

当院の院長は小学校の校医をしており、地元の皆さんのお口の中の健康を守っています。

お子さんのこんなクセに要注意!

以下のようなクセは、お子さんの歯や顎、全身の発達に影響を及ぼすことがあります。クセは何気なくやっていることがほとんどです。ご家族の方が気がついたら、やめるようにうながしてあげましょう。

指しゃぶり・爪を噛む・唇を噛む・タオルを噛む 歯や歯ぐきに負担がかかり、出っ歯や受け口といった咬み合わせの乱れにつながることがあります。
ほおづえ 頭の重さが顎や関節に直接のしかかり、咬み合わせの乱れにつながることがあります。また、顔や身体に歪みが生じることも。
舌で歯を押す・舌を出す 発音や歯並びに影響し、歯並びの乱れにつながることがあります。
いつも口を開けている・口呼吸 舌の位置が低くなりがちになり、歯並びにも影響します。また、お口の中が乾燥しがちになり、だ液の循環が悪くなることで細菌が増殖しやすくなり、虫歯リスクが高まります。
過剰歯の抜歯

本来生える歯よりも多く歯が生えてくることがあります。これを「過剰歯」といい、歯並びに悪影響を与えることがあるため、抜歯が必要となります。お子さんの成長の様子を見ながら、適切な時期の抜歯を行います。

院長より小児歯科について

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP